スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
鬼怒川旅行記その5
こんばんは。

最近、週末が待ち遠しくてしょうがない。
二週間連続で博物館しか行ってないけど。

そんなわけで、最後の旅行記。

浅草で大暴れをした一行は、そのまま新宿の飲み屋へ繰り出す。
メニューにカルピスがなくて凹むおーじ。

「カルピスを常備していない店など滅びてしまえ!」

怒り狂って悪魔召還を目論むカルピス野郎とその他4人

逆毛星


「こいこいこい!カルピスの悪魔よ!!!1!11」

「さかげごぼうせいいいいいい!うお、まぶしっ!」

まぁ、実際にカルピスがなくて怒っているのは
カルピスジャンキーのドS王子だけでしたが。
どういう経緯でこうなったのかは忘れた・・・。
多分、悪魔が乗り移ったせい。

悪魔をその身に宿したおーじの極寒地獄ショーが幕を開ける・・・!

メニューを開いて料理を選んでいたおーじが突然
ケタケタと笑い出す。まさに悪魔が乗り移った人。

せのび「どうした、おーじ!元々おかしい頭がもっと狂ったか!?」

悠「おちつけ、たまご!それ以上狂ったら厳しいぞ・・・!」

「俺さー、さっき、お土産に扇子買っただろ?」

悠&せのびー「ま、まさか・・・!やめろ!おーじ!言うな!」



「扇子を選ぶ俺、センスがいい」

悠&せのび&たいくー「もうだめだーーーー!」

ゆめ「どはwwwwおーじwwwwいいwww終わってるwww」

事前に察知した悠やせのびが止めるのを丸無視して
強烈な一撃を放ったおーじ。まさに悪魔!

その後も悪魔の怒涛の攻撃は止まらない。

ひとしきり飲んで食べて、そろそろお開きという頃
デザートメニューを眺めていたおーじが再び笑い出す。

「うひゃひゃひゃ。またすんごいギャグ浮かんできた」

たいくー「頼むから止めてくれ!もう耐えられん!」

「いや、聞いてくれ。俺、天才かもしれん。」




「なんてこった、パンナコッタ」

「うひゃひゃひゃ!俺、おもしろすぎ!?」

完全に止まった時の中で一人笑い続けるおーじ
明らかに何かに憑かれている。いつもだけど。

そのあと、なぜか全員、爆笑。こんな底辺のギャグで・・。
ちなみに、ゆめだけは間髪いれずに爆笑してました。
ほら、ゆめはちょっと頭よわいから。

妙に高いテンションのまま、話が盛り上がる。
そして、店員に、それで注文しろという流れに。

店員「デザートは何になさいますか?」

「なんてこった、パンナコッタでお願いします」

店員「パンナコッタですね。」

全員(哀れおーじ!完全に無視された!)

店員「ソースはいちごとオレンジと・・・ぶっ!」


全員(時間差で笑ったーーーーー!)

なぜか、時間差で笑い出す店員。そこに空気の読めない男
我らがアイドル、ゆめが追い討ちをかける!

ゆめ「そんなこったでお願いします!!!!!1!!1」

店員「かしこまr・・・ぶっ!」

全員、顔の筋肉が痙攣するまで笑いました。
帰り道、みんな、顔の筋肉がつって、表情が硬いのはシュールでした。
それにしても、今回の旅は笑いのレベルがとんでもなく低かった。

逆に、こんな下らないギャグですら盛り上がれるこのメンバーは
最高だと改めて思いました。みんな、これからもよろしく。

最後はマジメにしめつつ、旅行記終わり!また行きたいです。
スポンサーサイト
【2006/08/30 23:24 】 | 休日 | コメント(8) | トラックバック(0)
鬼怒川旅行記その4
こんばんは。

ああ、また一週間が始まってしまう・・・。
月末は仕事量が尋常じゃないからキツイ。

そんなわけで、鬼怒川温泉旅行記その4。

ロープウェイを極寒の地に変えつつも山頂へ到着。
山頂には、サル山があり、餌をあげられるようになっていた。

しかし、とにかく獣臭い。お猿さんかわいいー!
とかそういう問題じゃない。ホント臭い!

獣臭さを十分に堪能した一行は山の上の神社を目指して行軍。

山登り


小さな社を見つけて、祈りを捧げる男6人。
私はもちろん、「休み明けに仕事が溜まっていませんように!」
と願いましたよ。


叶わなかったけどな。

そのあと、サウナのようなロープウェイで下山。
ぽこたんのテーマソングを歌いながら帰りの電車が待つ駅へ。

各自、お土産を買い終わり次第、駅へ集合するとゼロがいない。
しょうがないので、先にホームへ入るとようやくゼロが改札の
向こう側に姿を現し、悠々と歩いてくる。

ゼスチャーで「早くしろ!」と急がせると
遠くから、自信たっぷりにうなずくゼロ。
そして、自信たっぷりな動作で違う改札口へ

「このド低脳がーーーーーーーーーーーーーーー!」

咆哮する他5人。さすが冷静沈着な男、ゼロ。
なんとかゼロも間に合い、終点の浅草へ。

昨晩同様、すぐに眠りに入るゼロ。
お前は眠り姫か!どんだけ寝てるんだよ!

終点の浅草に着き、さて解散するかというところで

悠「なになに?おーじ、まだ遊び足りない?しょうがねぇな!」

おーじ「いや・・・疲れたし、帰りたいんだけど・・。」

悠「オーケー!把握した!んじゃ、どこ行こうか。」

おーじ「全然、把握してねーじゃん!」

こんな感じで、まだ遊びたい悠と翌日から仕事にも関わらず
なぜかノリノリなたいくーによって解散の空気が消える。

たいくー「よし!雷門行くぞ!」

せのび「案内なら任せてよ!」

という事で、妙に高いテンションのまま雷門へ突撃・・・!

かみなりもーん


ちなみに、この写真の「雷門」という、文字のところだけを
ドアップにした写メを、彼女に送りつけたらその場ですぐに
電話が鳴り、「ちゃんと全体写してよ!あり得ないよ!」と
怒られた奴がいるらしい。誰とは言わないけど・・・プププ。

途中、普通の扇子より大きめサイズの踊り用の扇子を発見。
「キタコレ!」と絶叫して、即購入するおーじ。
そして再び炸裂する、どうしようもない底辺ギャグ。


「扇子だけにセンスがいい。」

が、さすがのおーじもこれを言うのには躊躇して
小さな声で言ったので、誰にも聞かれずに済む。

今回も極寒のまま終了・・・!
次回で最後になると思います。

ではでは。
【2006/08/28 00:25 】 | 休日 | コメント(10) | トラックバック(0)
鬼怒川旅行記その3
こんばんは。

夏休みのツケがきています。
5日ぶりに出社すると、そこは・・・

目を背けたくなる光景だった。

机からはみだしている書類の束
未読メール120通
机のいたるところに張られた伝言メモ。

メールに目を通すだで数時間かかるんじゃないのこれ・・・。

だめぽ

もうだめぽ・・・。

では、旅行記その3

夕食も終わり、部屋に戻ると・・・

S王子


なんかいる。

ひぐらしに出てくる殺人斧を装備したドS王子によって
次々と犠牲者が出る。

犠牲者


凄惨な光景。

本当はもう1枚すごい写真があるんだけど
こんなところで出すと大変な事になるので断念。

ここでは出せないような素晴らしい写真の数々に
爆睡しているゼロ以外は全員、数分間笑い転げる。

笑いすぎて喉が渇いたので、飲み物を買いに行って
みんなで乾杯しているとゼロがムクムクと起きだす。

ゼロ、間が悪すぎるだろ!!!!!!1111!1

次の日は、宿をチェックアウトしたあと、一路、山へ。
途中の休憩小屋のような場所で、焼き魚を食べる。

焼き魚

超美味でした。

途中、階段に絵がかいてある所を通り・・・

飛翔


橋を渡りつつ、記念撮影。

ばらばら


バラバラすぎ。

チームワークとかないのか!
特に真ん中のやつ!なんだその適当なポーズは!

ロープウェイに乗り山頂へ向かう途中で
今回の旅のテーマである「クソ寒いギャグ」が飛び出す。

ロープウェイの中にすし詰めにされて蒸す中
おーじが放った脅威の一撃は・・・


「汗でネドヴェドする。」

※ネドヴェド・・・有名なサッカー選手の名前。

さ、さむい!説明を付加したところで変わらない絶望的な寒さ。
今回は珍しく、たいくーが最初に吹き出す。

たいくー「・・・ぶっ!おーじ・・・おま・・・!」

他のメンバーもようやく、意味が分かったらしく
笑いの渦が起こる。・・・わ、笑えるかこのギャグ・・・?

極寒のギャグが出たところで切ります。
めったに旅行に行けないだろうから
今回の旅行記は回数をかけて、丁寧に書きたいのです。

ではまた。
【2006/08/26 09:20 】 | 休日 | コメント(6) | トラックバック(0)
鬼怒川旅行記その2
こんばんは。

今日で夏休み終了。
明日からまた会社です。仕事もりもり。

それでは、夏の思い出を振り返ってみますか!
逆毛達の鬼怒川温泉旅行その2。

今回の旅記は、私的な日記というより、旅の記録として
残しておきたいので、文中では自分の事も「おーじ」と書いています。
ちなみに、左に人の名前がない発言は全て私の発言で。

らーらー

♪意味はないけど~

さて、夕方の散歩も終わり、汗を流しに温泉へ。
洗い場に行くと、墨シリーズとコラーゲンシリーズが置いてある。
それぞれ、ボディーソープ・シャンプー・リンスのセット。

墨シリーズは見た目が黒くて手を出すのに勇気がいるので
みんなコラーゲンシリーズを奪い合う。

ここでも、ゆめが大暴れ。
隣で髪を洗っているおーじ目がけて墨シャンプーをぶちまける。

ゆめ「おーじ、おーじ!俺が石鹸つけてやるよ!」


「ギャアアアア!」


「目にいれんな!」

悶絶するおーじにお構いなく、おーじの横顔めがけて
容赦なく墨シャンプーをまきちらすゆめ。

「ゆめ、てめぇ・・・。」

ゆめ「おいおい、なんだよ、おーじ、そんなに俺の事好きなのか!?」

「・・・・・・・。」

ゆめ「意識してんじゃねーよwwww」

「だめだこいつ、早くなんとかしなければ・・。」

湯船に入ると、ゼロがスピードスターせのびのお株を奪うほどの
スピードで温泉から出る。いつも通りの光景でなんか可笑しい。

温泉から出て、いよいよ宴の時間!

ディナー

さー!がっつり食べてがっつり飲むぞー!(せのびが)

途中、刺身で炙ったほうがおいしい事を悠が発見して
おーじに教える。さっそく、おーじが刺身をあぶっていると
隣で、鶏肉料理をむさぼっていた悠がボソっと一言。



悠「このとり肉、とりにくい」

これ以上の笑いの質低下を防ぐため、あえて無視するおーじ。
しかし、そんな事にはお構いなく、目を輝かせながら
(さあ!遠慮なく笑っていいんだよ!)という満面の笑みの悠。

「・・・ぶはっ!」

堪え切れずに吹き出すダメおーじ。

「てめえ!わざと無視してるのに、俺の反応を待つな!」

悠「なにいってんの!絶好のフリだっただろ!」

こんな調子でますます低下していく笑いの質・・・!
この先、いったいどこまで低下するのか!!!1!1111!

というわけで、もう眠いからここまで。
次はいよいよ、最大の盛り上がりを見せた
「夜のせのびワールド」・・あれ、文章にするのキツイんだけど(笑)

では、また!
【2006/08/23 23:23 】 | 休日 | コメント(6) | トラックバック(0)
鬼怒川旅行記
始まり始まり

こんばんは。
逆毛同盟のみんなで鬼怒川温泉に行って来ました。

今回の旅をふりかえると
「ギャグのレベルはかつてないほど低かった」
なのに、メンバーがメンバーだけに
「顔面の筋肉が痙攣する程に笑い転げた最高の旅」
という感じでした。そんなわけで旅行記です。

特急キヌに乗り、男6人でいざ温泉へゴーゴゴー!
旅館へ到着し、早速記念撮影をしようということに。

前回に引き続き、「やっぱギニュー特選隊のポーズで!」
という事で、ポーズを決め、はい、チーズというところで
「写真、とりましょうか?」と旅館の人が出てくる。

あ・・・


旅館の人(あらやだ・・・キチガイだわ・・・)

せっかくなので、撮ってもらう事に。

とお!


というか、写真を見て気付いたんですが

はめられた。

ギニュー特選隊のポーズ、一人じゃん。

後ろだから気付かなかった・・・。
きっと、自分の後ろで悠が輝くばかりの笑顔で
ジースのポーズして、けだるそうな表情のたいくーが
グルトのポーズをしていると思っていたのに!

ちくしょう!一人だけ恥ずかしい格好させやがってえええ!

無事、部屋に到着し、係りの人がくる。

旅館の人「はじめまして、みゆきと申します」
せのび「はじめまして、○○(本名)と申します!」

全員「お前の苗字なんてどうでもいいよ!」

せのび「しょぼぼーん」

その後、TVを見ていると、今回の旅のギャグのレベルを
地の底まで落とすきっかけになる一言が飛び出す。
矢が刺さってしまった野鳥のニュースを見ていたせのびがポツリ。

「野鳥に矢が刺さって、まさにやちょう。」

ゆめ「・・・ぶはっ。」

ゆめが吹き出すのと同時にみんなも耐え切れずに笑い出す。
文章に書くと、信じられないぐらい寒いギャグ。
まさにエターナルフォースブリザード。

あまりの寒さに耐え切れずにベランダに脱出するおーじ。
しかし、予想外の高さにびびって目をそむける。

へっぴり腰


「やべぇ!こわっ!」

見てください、この芸術的なまでのへっぴり腰。
まさにチキンの王子。
こうやって写真にして残されると結構へこみます_| ̄|○

そのあと、食事の前に散歩に行く事に。

途中、小さな公園を見つけ、なぜか懸垂をはじめる。

けんすい


一人、明らかにパワー不足。

※本気だせばできますよ!3回・・・いや10回は!

帰り道で、悠が栗をみつける。
そのやたら、針がひっついている実を掴み
満面の笑みでおーじ目がけて投げつける。

「や、やめろよ!当たったら刺さっちゃうだろ!!!」

逃げるおーじ。

おーじダッシュ!


文句なしにカッコ悪い。

そのあと、階段でいつものゲームをはじめる。
じゃんけんぽん!ぐーりーこー!ってやつ。

前回に引き続き、せのびがビリ。

負け犬せのび


負け犬。

今日は、ここまでで切ります。
せのびの勇姿を見ながら終わりましょう。

旅行記その2に続く。
【2006/08/22 00:21 】 | 休日 | コメント(8) | トラックバック(0)
おはようございます。

お盆が仕事なくて楽というのは
完全に、課長の大嘘でした。フザケンナ!

次から次へと押し寄せる仕事に追われていると
先輩から新たなる指令がきました。

先輩「息抜きも兼ねて、e-ラーニングのレイアウト考えて」

先輩「ふきだしで喋って進む感じにするから、まずは・・・」

先輩「キャラクターを考えて。ふつーの男性がモデルの。」

私「分かりました。暇な時にやっておきます。」


で、さっそく美術方面への才能をいかんなく発揮して
自信満々で、先輩にその原案を提出したら






人間・・・?


先輩、絶句。

私が2秒で考えたキャラクター。
ちゃんと額にシンボルマークも入っています。

金魚のように口をパクパクさせる先輩。

私「先輩、どうしたんですか?感動したんですか?」

先輩「おま・・・これ・・・ひど・・・」

そのあと、その先輩の手により、私の素晴らしい作品は
メールに添付され、課内全員に閲覧される。

次々と上がる悲鳴と笑い声。

「きゃあ!」
「うへぇ・・・。」
「ぶっ!」

課長「・・・この胸元の汚物はなんだ・・・?飲みすぎか・・?」

私「・・・それ・・・ネクタイなんですけど・・・。」

先輩「なんでダースベイダーのヘルメットかぶってるの・・?」

私「・・・それは爽やかなセンター分けの髪の毛なんですが・・」

その日は泣きながら家に帰りました。

※画像は家で再現したもので、オリジナルは会社のPCにあります。
ちなみに、オリジナルのほうがもっとヒドイです。
【2006/08/18 07:29 】 | 日常 | コメント(6) | トラックバック(0)
Aquarium
こんばんは。

久しぶりに癒された休日でした。

いつか宣言した通り、水族館に行き
大王イカのどあっぷの写メを友人達に
送りつけようという、かなり外道な趣旨で
出かけたのですが、結局のところ普通に休日を満喫してきました。

まぁ、マジメに言うと、そんな事よりもっと大切な・・・
モゴモゴ。・・・俺史に残るような大切な日だったのですが。

品川のアクアスタジアムに行ったんです。
まずは「日本沈没」を見て号泣。ああいうのはダメ・・・。
柴崎コウって演技うまいですねー。歌もうまいし。

そのあと、大王イカを探して彷徨い歩き
結局、見つからなかったので代わりに


ヒトデの吸盤側ドアップ

をはじめ、悠が以前にやってきた、必殺マンボウのドアップ、
エイっぽい生物の口のドアップなど、バリエーションゆたかな
グロ画像海の癒し画像を友人達に送ってあげると

「グロいんだよ!」とか
「きもいんだよ!ばか!」とか
「空気読めてねーよ!」とか

様々な感謝のメールが返ってきました。
いやー、人に感謝されるのって気持ちいいですよね。

予想通りな反応を見せてくれた逆毛同盟のみんな
ありがとう。返信が期待通りで、ほんと、最高だった。

今週は逆毛同盟の温泉旅行もあるし
今日は、心のエネルギーも充填した事だし
明日からまた仕事がんばります。

ああ、よきかな。マイライフ。
【2006/08/13 23:56 】 | 休日 | コメント(6) | トラックバック(0)
たまご君
こんばんは。

ラム酒効果でミス連発のビジネスパーソンです。
今日も大事な契約書の、相手の捺印に自分のデータ印を
ばっちり重ねて押すという不祥事をやらかしました。

実はこれが私の1番多いミスです。
毎日、100以上の印を押すんですが
連続してポンポン押していると狙いがずれる・・。

何回か、課長の印の上におもいっきり重ねて押しています。
そのまま、そ知らぬ顔で書類を課長に手渡したら
2秒で差し戻しを食らったのも今となっては思い出です。
・・・つい一週間前の出来事ですがね。

そんな中、取引先の方から生フルーツを頂いて
生モノなので、早く処理しないと!という事で上長の許可のもと
うちの課で分配して、家に持って帰る事になりました。

有名なお店の、けっこう値の張るフルーツなので
ちょっとワクワクしながら家に帰ってかばんをあけると
とてもフローラルな香りが広がります。

「さすが、高級フルーツ。まだ皮もむいていないのに芳醇な香りだ!」

とか何とか、ブツブツつぶやきながら取り出すと



うん、やっぱ潰れてた。

鞄の中で見事に潰れて、芳醇な香りを狂ったように放っていました。
新しい鞄を買わないと、明日からフローラル玉子になってしまう。

つまらないミスが多いのは、仕事に慣れてきて緊張感が
なくなってきたからなのかもしれない。

いかんいかん。気を引き締めていかないと。
とりあえず、部屋がフルーツ臭いです。助けてください。
【2006/08/09 22:40 】 | 日常 | コメント(6) | トラックバック(0)
検査
こんばんは。

いまだに咳が止まらなくて
会社でゴホゴホやっていたら
課長が、さすがに心配したらしく、

「お前、それ風邪ちゃうんやないか?」

「今日は早く帰って、医者でレントゲンとってこい!」

そんなわけで、初めての定時帰りでいざ病院へ。
そして、入院の時にお世話になった先生ふたたび。

医者「・・・また君か・・・。」

私「ウヒヒヒヒヒ、すいません」

医者「あのね、休まないと治るものも治らないよ!分かる?」

私「・・・ウヒヒヒ・・・」

医者「そんなんで薬飲んだって治りませんよ!」

私「・・・ヨーホーホー・・・」

散々、説教されたあと、レントゲンをとり
結果は「異常なし」いたって健康。(少なくとも肺は)



勝利!!

いやー、内心ちょっとビビてったんですけど
なんにもなくて良かったです。余命3秒とか言われそうで怖かった!
やっぱり、ここのとこ体の調子がイマイチなのは
ただ単に疲れているからなんですね。

そんなわけで、明日からまたペース上げていこうと思いまs
【2006/08/07 22:05 】 | 日常 | コメント(10) | トラックバック(0)
海賊に憧れて
こんばんは。

今日はパイレーツ・オブ・カリビアンを見てきました。
おもしろかったです。ヨーホーホー♪

実は私は、小学校の時の劇で海賊役をやって以来
海賊好きになりました。(海賊が主役の劇でした)
といっても、あくまで私のイメージの中の海賊が好きなだけで
実際の、略奪行為をする海賊はもちろん、好きじゃないですが。

具体的に、私のイメージする海賊というのは
仲間と冒険し、ラム酒を飲んで、歌って、踊って・・・
なんていう、都合のいい、ファンタジーな海賊です。

今日の映画でもそうでしたが、なぜか海賊というのは
ラム酒をラッパ飲みするのが定番のようです。

そんなわけで、ファンタジー海賊になるべく
ラム酒を調達してきました。ヨーホーホー♪

ラム酒



小学校の頃には、「どんな味がするんだろう」と考える事しか
できなかったモノが、今はこうやって手に入るようになりました。
これが大人パワーってやつですね。

では、大人パワーの勢いに乗って
ラム酒をラッパ飲みしちゃおうかなああああああああ!






_| ̄|○、;'.・ オェェェェェ


うん、無理。
やっぱ海賊になれないっぽい。

匂いだけで酔っ払いそうな程に強いお酒でした。
やはり私は、陸でビジネスパーソンとして暮らします。

でも、19、20日は逆毛海賊団を結成して
温泉地で「ヨーホーホー♪」とか歌いながら
飲んで、踊って、大浴場で航海をしようと思います。
【2006/08/06 21:34 】 | 休日 | コメント(10) | トラックバック(0)
出張の報告
こんにちは。

東京は暑いですね・・・。
出張から帰って、電車降りた瞬間に
乗ってきた電車に飛び乗って、東北へ戻ろうかと思いました。

今回の出張は・・・なんかミッションインポッシブルとか
書いてたけど、・・・そうでもなかったんでしょうか。

結果から言うと、任務成功でした。

ただし、私の力ではないと断言できます。
実は、出発前に先輩が切り札を授けてくれたのです。
奇抜な手というわけではなく、誰もが思いつくけれど
そのカードを切ると、話が大きくなって、事後処理が面倒に
なるという、そんな切り札です。

しかも、その切り札の渡し方がクールなんですよ。
出張前日に会社のPCのメールで渡されたのです。
席が隣なのに!こっそりメールをくれたんですよ!



件名:明日の出張の件

課長の言い方だとちょっと誤解を招くかもしれないけれど
今回の件は、最初から<おーじ>(私の名前)に任せようって
課内の打ち合わせで決めていました。
いきなり、一人で出張というのは大変だと思うけれど
<おーじ>なら、きっとできると僕は思っている。
明日の折衝で、必要になりそうな資料を添付しておくので
出力して、家で目を通しておいて下さい。

ただし、切り札なので、出来るだけ実際の使用は避ける事。
あくまでも抑止力として使ってください。
まぁ、事後処理はこっちでやるから、安心して持っておいて。
現地でも、何かあればいつでも僕の携帯にメールなり電話なりを
いれてくれれば、出来る限り、対応するつもりです。

             以上


こんな感動的なメールを送っておいて
隣の席で知らん振りして仕事をしているんですよ。

早く戦力になって、この人の負担を少しでも減らしたいと思った。



現地は圏外だったけど。

早速、相談しようと思って携帯とりだしたら圏外だったなんて
遠く離れた東北でいきなり泣きそうになりましたよ。

結果、先輩からもらった切り札をうまくちらせつかせつつ
という、スマートではないやり方だったかもしれませんが
なんとか、任務成功という事になりました。

で、今日の午前中に出社して、報告書をあげて
お偉い方から直々にお褒めの言葉をいただいたんですが
先輩にもらったお疲れ様というメールの方が嬉しかったです。

友に恵まれ、先輩に恵まれ、これ以上何をのぞm・・・

待てよ、こんな生活をしていて結婚は出来るのだろうか。

アッーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
【2006/08/05 16:42 】 | 休日 | コメント(4) | トラックバック(0)
出張
こんばんは。

タイトルの通り、明日から出張します。
出張するまでの経緯はこんな感じでした。

課長「誰か、温泉に行きたいヤツはおるか?」

私「ハイハイハイ!行きたいです!」

先輩「・・・馬鹿だな。」

私「・・・あれ、僕もしかしてハメられた?」

課長「ほーか。行ってくれるかエース!」

行き先は東北。そして、その出張の内容は・・・


ミッション・インポッシブル。


具体的には、私の倍以上の年齢の人を説き伏せる任務。
80%の確率で交渉決裂という、悲惨な交渉。

私「いや・・・これ無理ですよ・・・こんなの成功するわけない。」

課長「大丈夫だ。俺がさっき、電話で相手を怒らせておいた」

私「・・・ちょ!」

課長「俺はもう電話で話すのも無理だから、お前行ってきて。」

私「・・・ジーザス・・・」

例えるなら、勇者がボスと戦って敗走。
逃げる際にボスにバイキルトをかけて
後始末を村人Aに丸投げしたという感じでしょうか。

当然、勇者が課長でボスが交渉相手。
哀れな村人Aが私なわけですが。

私「・・・で、温泉というのは?」

課長「その辺、温泉あるから、仕事終わったら入ってきてええよ」

私「・・・終わるわけないじゃないですか・・・。」

課長「・・・おっと、打ち合わせの時間だ!」

私「・・・。」


そんなわけで、温泉にいってきます。いやっほーい!
いやー、楽しみだなー。無理なんかしてないですよ。

きっと、交渉決裂して、温泉にも入れずに
駅で温泉まんじゅうだけ買って泣きながら帰るというコース。
考えただけでもゾクゾクしちゃいますよ。

いやー・・・すっげー楽しみ。
【2006/08/02 22:07 】 | 日常 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。