スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
宴の後
こんばんは。

先週は丸々一週間の間、研修に行ってました。
朝7時から夜9時半まで講義がミッチリという
かなりハードな内容でしたが、情報交換会と称した
グループ会社の人たちとの飲み会がとても有意義でした。

研修の後半は若干、あいのりのような雰囲気を醸し出していて
詳しく書くのは恥ずかしいから、やめておきます。

さて、研修から帰ってきた私を迎えてくれたのは
もちろん、仕事。机にうず高く積みあがった書類の山。

率直な感想は


これ、死ぬんじゃね?


あまりの仕事量にゲンナリしたいた私のところへ優しい笑顔とともに
現れたのは、人事部のアイドル「Wさん」

Wさん「研修お疲れ様!この一週間で君のありがたさが分かったよ!」

Wさん「このお土産を食べて、また悪魔のように仕事をしてネ!」

私「ありがとうございます・・・。」


お土産はマンゴーチョコとドリアンキャンディー。


・・・異臭がする。

おそらく、ドリアンキャンディーのほう。
久しぶりに妖気を感じて髪の毛を逆立てていると・・・
ちょうどよく、いけにえの羊が!

S先輩「お!おーじ戻ってきたか!実はお前に頼みがあってさ・・」

私「あ、Sさん、お久しぶりです。Wさんのお土産、一緒に食べませんか」

S先輩「お!いいねぇ!食べちゃうよー!」

私「僕はチョコを食べるので、先輩はドリアンキャンディーをどうぞ」

S先輩「俺もチョコが良かったな~・・・・・ん?」

どうやら、S先輩も異臭に気付いた模様。
S先輩と私の間で高速のアイコンタクトが交わされる。

(・・・この、たまねぎが腐った匂いはまさか・・・?)
(気付きましたか。おそらく、ドリアンのほうかと・・)
(なんで先輩におしつけようとしてんだよ!テメーが食え!)
(どうぞどうぞwwwwwwwwwwwwwww)
(ふざけんなwwwwwwwwww食えよwwwww後輩wwwww)
(あれあれ?いいんですか?そんな事言っちゃって?)

私「先輩、さっきの続きですけど、僕に頼みたい事って、アレですか?」

S先輩「・・・キサマ!汚いぞ!」

私「僕、今回の研修で、いい資料を手に入れたんですがねぇ・・・」

私「あぁ・・・先輩のお役に立ちたいなぁ・・。」

S先輩「今まで黙ってたけど、俺、ドリアン大好きなんだよね」


若干、目を泳がせながらドリアンキャンディーを口に入れるS先輩。



「ドンダケェェェッ!!」

数秒後、白目をむいて絶叫する。

私「先輩!傷は浅いですよ!僕のカルピスを飲んでいいですから!」

必死にカルピス(おーじ専用)を流し込むS先輩。


「ヴォエエエッ」

私とWさんの目の前でカルピスを吐き散らかし、机に倒れこむ。

S先輩「ど・・・ドリアンカルピス・・・新発売・・・」

数時間後、時折思い出したように嗚咽をもらすS先輩の横で
S先輩のための資料を作成しながら、私は思いました。


ドリアンカルピスはねーな・・・と。

悠の買ってきてくれた夕張メロンカルピスはおいしかったのに。

Wさん「キャンディー余っちゃったから、面接に来る学生にあげようかな」


学生、逃げてー!!
スポンサーサイト
【2007/06/20 21:38 】 | 日常 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。