スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
社会人
こんにちは。

お気楽な学生生活が終わり、社会人として呪われいるんじゃないか
というほどに働いて、1年と半年が過ぎようとしています。

無事、悠を含めフレッシュな新人達を迎えられたことですし
ちょっと、社会人というカテゴリーで何回かまとめてみます。

まずは、社会人の洗礼と言わんばかりに浴びせられる「残業」
残業時間というものは、会社というよりは部署単位で管理され
ているため、同じ会社の同期でも全く違うものになります。

これまでの体験から、だいたいの目安を書くと・・・

【残業時間目安】

①0~20時間
土日を除いた月の営業日が、だいたい20日なので、1日1時間程度の残業。日常生活に殆ど影響なし。人によっては暇すぎて苦痛になる事も。

②20~40時間
毎日、だいたい9時ぐらいまでには帰宅できる。休日出勤はなし。個人的にはこのぐらいの残業がちょうどいいと思います。

③40~60時間
このへんから若干きつくなってくる。月に1回程度の休日出勤を伴うことも。各社の36協定を調べた結果、60あたりを月の限界残業時間に定めている事が多かったので、このへんが一つ目の壁か。

④60~80時間
肉体的な負担が増大する。このへんから終電帰りがちらつく。また、月に数回の休日出勤を伴う。

⑤80~100時間
上記③を第一の壁とするのなら、これが第二の壁。肉体的にも精神的にもかなりの負担がある。ここらへんになると、生活のほとんどは仕事で埋め尽くされる。私はここに突入して、恋人と別れました。アーメン。

⑥100~120時間
一ヶ月なら、まだなんとかなるが、これが数ヶ月続くと確実に精神面に影響が出る。会社によっては「健康重点管理者」などに指定して、残業時間に制限をかける。これが今の私です、ハイ。

⑦120~140時間
人生=仕事。「終電?なにそれ?タクシーがあるじゃない。」目を閉じてもかなり正確な数値とともに資料が浮かぶ。半分病気。

⑧140~180時間
現在の私の最高記録はここに入ります。「タクシー?なにそれ?ホテルがあるじゃない。」去年とある巨大案件に投入されて味わった新世界。

⑨180~200時間
私自身は、体験したことはないのですが、社員の残業時間に関する、とある施策のために必要な資料を作成しているときに、データ上で見た数値。おそらく、「ホテル?なにそれ?会社に泊まればいいじゃない。」という素敵な世界。

⑩200時間~

死ぬ。


まぁ、こんなところでしょうか。どこの会社でも配属されてすぐに、新人同士の残業時間自慢が始まります。残業時間の多いやつがスゴイ。というような。ええ、私は最強でした。圧倒的に。

ですが、だんだん残業時間自慢対決は様変わりをして、残業時間の多いやつはカワイソウ。ということになります。ええ、今の私は同期で1番カワイソウな奴という事になっています。圧倒的に。

ちなみに、お金はビックリするぐらい貯まりました。正直、残業が全くなしだと金銭的に厳しいんじゃないかなぁと思います。今は仕事が終わらないからではなく、生活のためにする生活残業が主流だって聞いた事があります。

まぁ、結論を言えば毎月40時間程度の残業が理想かと!

皆さんも業務を効率的にこなして、素敵な社会人生活を送って下さい。
スポンサーサイト
【2007/08/19 17:29 】 | 休日 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。